メディプラスゲルってどんな商品?

パラベンなどの防腐剤

メディプラスゲルは、雑誌、ネット、アットコスメなどで何度も特集が組まれ、話題を呼んでいるオールインワンゲル。

美白、ニキビ、エイジング、毛穴など、広範囲に渡るケア効果を備えていて、全国200以上の美容クリニックで使用中です。

モンドセレクションも5年連続で受賞。その評価が国際的に広がっています。

主要な成分はヒト型セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、植物性プラセンタ、ビタミンC。

そのほかに、クコ、マンダリンオレンジ、レモングラス、オウゴン、ノイバラ、ナツメ、カンゾウなどの植物性エキス、リシン、ヒスチジン、トレオニン、バリンなどの必須アミノ酸も配合。その数は合計で66種類に及びます。

また、肌に負担をかける石油系界面活性剤、パラベンなどの防腐剤、アルコールなどは一切使っていません。敏感肌の人でも安心です。

メディプラスゲルの口コミはどんな感じ?

メディプラスゲルを実際に使い始める前に、ネット上ではメディプラスゲルについてどんな口コミが寄せられているのか、チェックしてみました。

すると、保湿感についての感想(「潤いを感じた」「乾燥が防げる気がする」)が目立ち、「使用量を自分の肌質に合わせて加減している」という口コミもありました。

ただ、「朝の手入れの時、メディプラスゲルを大量に使うとメイクがよれてしまう」という感想も気になったので、量の調整には注意しながら使ってみたいと思います。

メディプラスゲルの魅力とは?

●満足感を与えるしっとりとした使い心地

私は普段から肌のカサつきに悩まされているためか、オールインワンゲルでは役不足だな、と思う場合が結構あります。

でも、メディプラスゲルは別です。使い心地はサッパリとしていて、肌になじませたあともツッパリ感がなく、ベタつきがないのにしっとり潤いがあります。

なじませた後でも、すごくもっちりとした肌触りが楽しめます。満足感が高く、よい商品だと思いますね。

●ポンプ式の容器が便利

驚くほど短時間で面倒なスキンケアを終えることが可能
オールインワンゲルにはジャータイプの容器を使用したものが多いようですが、メディプラスゲルはポンプ式の容器を採用しています。

これが思った以上に、使いやすいんですよね。

以前書いたように、このお試し期間中、「洗顔後」と「日中の乾燥への対策」を主目的にしてメディプラスゲルを使っていました。

ポンプ式なら、指一本で簡単にプッシュして、パパっと肌につけ、そのままなじませることができます。オールインワンゲルを選ぶ人は忙しくて手間を惜しむことが多いので、その目的にまさにピッタリなのです。時短スキンケアアイテムとして理想的。驚くほど短時間で面倒なスキンケアを終えることが可能です。

また、容器の中のゲルに手を触れる必要がありませんから、雑菌が混入する心配もありません。スパチュラなどを使わなくてすむので手間いらず。色々な点で便利そのものです。

メディプラスゲルが高い評価を受ける理由とは

高い評価を受ける理由

1.保湿成分であるセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など、
62種類に及ぶ美容成分を配合

有効成分が肌にどんどん浸透し、肌の内側からしっかりしたうるおい・ハリを与えます」とのことですが、まず保湿力の高いセラミド1と3を配合している点が高く評価できます。

他に3種のヒアルロン酸、2種のコラーゲン、ビタミンCが配合成分として目につきますが、何と言っても注目すべきはセラミドです。この成分が保湿でもっとも重要な物質だということは、ご存じの方も多いでしょう。

一方、コラーゲンとヒアルロン酸は、保湿の点でセラミドほどの効能はありません。

サイト下部で含有成分を示していますが、セラミド1、セラミド3は、人の細胞間脂質に酷似した保湿成分を含有しているため、その効果が高いのです。「保湿成分から化粧品をチェックする」で紹介した通り、コラーゲンやヒアルロン酸はとりあえず保湿の力を備えているものの、真皮までキチンと吸収された上で、その水分を維持してゆくわけではありません。ビタミンC系の栄養分を補給した方が、肌にコラーゲンを増やすには効果的と言えるくらいです。

他の成分では、出雲玉造温泉水が配合されているのが面白いと思います。肌にとって嬉しいことですね。

2.メディプラスゲルはオールインワンの美容液

「オールインワンの化粧品であること」がメディプラスゲルの2つ目の特徴です。

化粧品選びの原則からすると、本来、オールインワンの商品はオススメしません。スキンケアをするなら、保湿に念を入れたり、クリームを加えたりと、その時の状況や季節に従って微調整に気を配るべきで、その方が肌のコンディションは整います。

ただ、手入れ回数を少なくし、肌への摩擦を軽減するのもスキンケアでは大事です。本商品の保湿力はかなりのものなので、保湿美容液として使用しつつ、必要があったらクリーム・乳液を足すという方法で利用してゆけばいいでしょう。

3.防腐剤、乳化剤、香料、着色料、いずれも無添加

化粧品で気をつけるべきなのは界面活性剤という成分で、刺激が強く、肌を傷つけます。メディプラスゲルの3つ目の特徴は、その界面活性剤(乳化剤)が無添加だという点。また、香料や防腐剤等も使っていないようで、「肌に優しい美容液」ということをメリットとしてうたっています。

ただ、この点は実際に使用してみないと判断がつきません。宣伝をそのまま信じ込まず、とりあえず自分に合っているかテストしてみるべきでしょう(返金保証サービスならお金も最小限で済みます)。

あと、乳化剤を使っていないせいか、強くこするとダマになってしまうという感想も結構ありましたが、私はそれほど激しくこすらなかったせいか、そういう現象は起きませんでした。

おススメの3つの使い方

毎日のお手入れにメディプラスゲルを取り入れた結果、「これは便利」と感じた使用法を3つ紹介してみます。

■疲れた時の緊急用コスメとして

疲れた時
仕事で疲れて帰ってきた日や、朝寝坊して時間がない時、レスキューコスメとして手軽に素早くひと塗りしましょう。オールインワンゲルとして、基本となる使用法です。

■クレンジングでメイクを落としたあと、就寝時までの「つなぎ」のコスメとして

私は家に帰ると、すぐクレンジングでメイクを落とし、顔を洗います。その後、乾燥を防ぐためにメディプラスゲルをひと塗り。夕食やお風呂が終わって時間が出来たら、ゆっくりスキンケアを行って眠りにつきます。

■日中の乾燥防止用として

私はオフィスでデスクワークをしながら1日を過ごすことが多いのですが、エアコンによるお肌の乾燥がいつも気になってしまいます。

この場合もメディプラスゲルが役に立ちます。1瓶をデスクに用意しておき、肌が乾いてきたなと思ったら、メイクの上からひと塗りします。おかげで乾燥対策が簡単になりました。

「メディプラスゲル」はどこで買うべき? 公式ページ、楽天、Amazon? 最安値もチェック

解約時に盛んに勧誘してくることもありません。

現在、メディプラスゲルを通販で手に入れるには、公式ページで申し込むしかありません。以前は楽天市場で取り扱いをしていた時期もあったのですが、現在は販売を終了しています。他のサイトでも正規の販売はしていないので、上述の通り、購入したい方はメディプラスオーダーズの公式サイトをチェックして下さい。

公式ページからの購入はおトクでもあります。以前、楽天が「最も安い」とされていたのは、購入時にもらえる楽天ポイントを計算に入れていたためです。今は楽天、Amazonの両方とも公式店は設けられていませんし、たとえ商品があったとしても、販売元とは関係のない第三者によるものです。転売なのでどうしても割高になりますし、品質の保証もないため、オススメはできません。
公式ページでは、「お試しコース」が用意されており、送料無料の上、返金制度のサービスつきです。公式ですから商品の質は保証されていますし、その容量の多さを考慮すると、申し込んでも損はありません。メディプラスゲルをどうしても手に入れたいなら、公式ページから「お試しコース」を選ぶべきでしょう(実は個人的に公式ページのデザインが好きとはいえないのですが、その他の点は文句なしです)。

安く手に入れるには、定期コースの申し込みが前提なのですが、返金保証のサービスがあり、いつでも解約が可能です。気軽に申し込むことができてお得です。他の会社のように、解約時に盛んに勧誘してくることもありません。

メディプラスゲルの全成分

水、グリセリン、BG、ベタイン、ジグリセリン、温泉水、1,2-ヘキサンジオール、メチルグルセス-10、セラミドNG、セラミドAP、セラミドAG、セラミドNP、セラミドEOP、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチルヒアルロン酸Na、水溶性コラーゲン、加水分解コラーゲン、水溶性プロテオグリカン、3-O-エチルアスコルビン酸、クコ果実エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、レモングラス葉/茎エキス、オウゴン根エキス、ノイバラ果実エキス、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、クズ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、植物性プラセンタ(アケビエキス)、アロエベラ葉エキス、クロレラエキス、アーチチョーク葉エキス、加水分解シルク、加水分解エラスチン、ユズ種子エキス、ナンバンクサフジ種子エキス、α-グルカンオリゴサッカリド、グリシン、タウリン、リシンHCl、アラニン、ヒスチジンHCl、アルギニン、セリン、プロリン、グルタミン酸、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、フェニルアラニン、アボカド油、スクワラン、グリコシルトレハロース、DPG、アラントイン、グリチルリチン酸2K、加水分解水添デンプン、アルカリゲネス産生多糖体、PCA-Na、プロパンジオール、ペンチレングリコール、(エイコサン二酸/テトラデカン二酸)ポリグリセリル-10、PEG/PPG/ポリブチレングリコール-8/5/3グリセリン、カルボマー、フィトスフィンゴシン、水添レシチン、フィトステロールズ、水酸化K、水酸化Na、トコフェロール

メディプラスゲルのリニューアルについて

メディプラスゲルが初めて発売されたのは2003年のこと。それ以来約14年で累計800万本を販売し、オールインワンゲルの代表的な商品となっています。

そして2017年11月、総販売元であるメディプラスは、メディプラスゲルのリニューアル版の販売を開始しました。

今回のリニューアルのキッカケは、メディプラスの代表取締役・恒吉明美氏が仕事の忙しさから自律神経のバランスを崩し、肌トラブルを起こした経験から来ています。

その経験に基づき、「ストレスを抱える女性に貢献できる商品」を開発することを決意。関連会社メディプラス研究所で、全国7万人の女性から「肌とストレス」に関するアンケートを取り、その結果をリニューアル商品に反映させました。

浸透度がアップし、使い心地もさらに良くなりました。

リニューアルでメディプラスゲルの外見はどう変わった?

メディプラスゲルは2003年に発売されて以来、何度かリニューアルされてきました。今回(2017年11月)のものはメディプラス全商品リニューアルに伴っての仕様変更で、かなり大掛かりなものとなっています。

その外見面での変更点をあげておくと——

1)外箱・ボトルの横線が淡いグレー

2)ボトルの口がアイボリー

3)外箱から「モンドセレクション金賞受賞」の文字が消えた

などです。

もしヤフオクやメルカリといったサイトで安くで手に入れようとした場合、旧タイプが出品されていることも多いと思います。その際も、なるべくならリニューアルのものを選ぶ方がいいでしょう。

ただ、ヤフオクやメルカリ、あるいは他の通販ショップなどで扱われているメディプラスゲルはあくまで転売品です。品質の確かなものを購入したいなら、やはり公式サイトで注文することをおすすめします。

更新日:

Copyright© 本当に効いた!メディプラスゲルの口コミ・効果 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.